立地条件で一番人気があるのは駅近?

駅のホーム

中古マンション選びでは、自分たちの理想のライフスタイルを実現するための条件設定が、重要なポイントとなります。新築マンションと比較すると、中古マンションの選択肢は非常に多くあります。しかしだからといって、自分たちの理想の物件が、すぐに見つかるとは限りません。百点満点とは言えなくても、あらゆる条件の中から、譲れないポイントを満たしている物件をピックアップして、購入を検討することが成功のコツです。

中古マンションを選ぶ際の譲れない条件として提示する方が多いのが、立地条件です。立地条件によって、中古マンションの価値や住みやすさは、大きく変わってくるでしょう。

そんな立地条件において、もっとも人気が高いのが、駅近という条件を満たした物件です。駅から徒歩圏内の物件は、あらゆる世代にとって利便性の高いものです。防犯性にも優れていますし、マイカー保有が必須ではないことなどから、実はコストパフォーマンスに優れた住まいでもあります。駅近物件を探したいからという理由で、あえて中古マンションを中心に住まい探しをする方も少なくありません。

とはいえ、全ての人にとって駅近物件が魅力的かと問われると、そういうわけではありません。たとえば職場から徒歩圏内のエリアで住まい探しをするのであれば、駅から近いということは、それほど重要な条件にはならないでしょう。また子供の教育環境を最重視したい場合にも、駅から近く騒がしいエリアよりも、あえて郊外の環境の良いエリアを中心に探した方が、満足度が高まることが考えられます。このように、理想の立地条件とは、家探しをしている方の属性や考え方によって変わってきます。

また立地条件ばかりに注目していると、駅近だからという理由で、その他の重要な条件を見落としてしまう可能性もあります。毎日の生活を快適で安心なものにするためには、防音性や耐震性といった、建物全体の性能も非常に重要なポイントとなります。築年数が経過している中古マンションの場合、現代の新築マンションよりも防音性や耐震性で劣っていることも考えられますから、購入前には、しっかりと現状確認を行った上で検討しましょう。

中古マンション探しで立地条件について悩んだときには、自分たち家族にとっての優先度について、ぜひ意識してみてください。条件ごとの優先度をはっきりさせた上で、中古マンションの比較検討することで、理想の物件を見つけやすくなります。