理想の住まいを手に入れる手段は、多岐にわたります。少し前までは、理想のマイホームは絶対に新築物件でと語る方も多かったのですが、近年ではその状況は確実に変わってきています。あえて新築ではなく、中古物件へと目を向ける方が増えており、住宅選びの選択肢は、非常に広くなっていると言えるでしょう。

中古で住まいを手に入れることを検討した際に、多くの方が注目しているのが、中古マンションです。新築マンションが建ちにくいような人気のエリアであっても、中古マンションを視野に入れることで物件選びの幅は大幅に広がります。また人気エリアの中古マンション物件には、その価値が下落しづらいという特徴があります。将来的に住み替えることを考えても、コストパフォーマンスに優れた住まいであると考えられます。

マンションと木

もちろん新築マンションには新築マンションの、そして一戸建てには一戸建ての魅力やメリットは充分にあります。しかしそれらを手に入れようと思えば、やはりそれなりの費用をかける必要があります。

現在の生活のことやこれから先の仕事のこと、子供にかかるお金のことを考えると、住居費ばかりに多額の費用を投じるわけにはいきません。こうした状況の中で、新築というブランド力よりも、コストパフォーマンスの良さと使い勝手の良さにこだわることで、中古マンションにおいて、理想の生活を叶える方も増えてきています。

もちろん中古マンションにもデメリットはあり、もっとも気になるのが老朽化についてです。建物全体に関していえば、重要なのは築年数よりも過去の管理状態です。きちんと管理が施されてきた物件であれば、住みやすい状態が保たれていますし、極端な老朽化が問題になるようなことはないでしょう。

また室内の設備や間取り、内装などの老朽化についても気になるところですが、こちらはリノベーションという手段で解決できる問題です。中古マンション購入とリノベーションをセットで検討することで、中古であっても、自分たちが住みやすい住居を手に入れやすくなるでしょう。住宅設備の取り替えはもちろん、内装は自由に変更できますし、間取りについても可能な限りアレンジが可能です。リノベーション後の中古マンションを見ると、とても中古とは思えないような、素敵な雰囲気に仕上がっています。

新築マンションと比較すると、中古マンションの価格は非常にリーズナブルです。リノベーションとセットで検討したとしても、新築購入よりもコストパフォーマンスに優れているケースも多く、こうした点も人気を集めているポイントだと言えます。

中古マンションがコスパ最強?